★時山マウンテン・タイム フェスティバル★
   
  1986年より、岐阜県養老郡(現大垣市)上石津町時山の地で開催されて
 きた、野外音楽祭。マウンテン・タイムとは時と山を英語に置き換えたもので
 あるが、山で楽しい時を過ごすと言う意味が込められている。
 出演はブルーグラスバンドが多いが、オールドタイム、カントリー、フォーク、
 
 アコースティック・ジャズ、ブルース等のグループも過去に相当数出演
している。
 また、ゲストアーティストも多くのジャンルに及ぶ。

 ジョン・ハートフォード、ニッケル・クリーク(クリス・シーリー)、
 フランク・ウェイクフィールド、ジョン・ライシュマン、ジョン・ミラー、
 デビッド・グリアー、中川イサト、 
 坂庭省悟、ブルーグラス45、有田純宏 岸本一謡、宮崎かつゆき、国本武春等
 が、時山のステージに立っている。
 

 このフェスティバルの前身は1975年7月にさかのぼる。岐阜県本巣郡の、
 根尾川の谷間で行われた、岐阜ブルーグラス・フェス
 で、中部地区初、全国でも
 宝塚フェスについで、二番目の歴史的イベントであった。
 その後 
 岐阜県中津川の椛の湖、三重県の青川峡、尾高高原と会場を変え
 
 1986年に時山フェスとして定着した。

 2010年より、時山バンガロー村の閉鎖に伴って、多治見市「市民の里地球村」
 で2015年まで開催。30年目の2016年再び上石津町に戻って開催される。